愛犬の手作りごはん『あしたもピピピ♪』

* 黒ラブピースとMIXピコの日常と犬の手作りごはんを紹介するblog *

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さくら、虹の橋へ。

我が家にはピースとピコだけではなく、セキセイインコがいます。
私が生まれた頃から祖父が飼っていた影響で、我が家には絶えずインコがいます。

さくらそして今日10月31日、午後2時47分。
家族の一員であるインコの『さくら』が老衰のため、
虹の橋へと旅立ちました。

生前のさくらです。

さくらは、ネコにくわえられていた所を近所の方が保護され、
インコは意外と寂しがりやだから、インコがたくさんいるお家へ…
という事で私が小学生の頃だったかな、我が家に来た子でした。

年齢不詳でしたが、我が家に来て12~3年は経っていると思います。
インコの寿命は10歳前後。10年生きると人間で言う80歳位だそうです。
なのでさくらは、きっと90~100歳位ではないかと推測します。
さくらには「頑張ったね!」と何度言っても足りないほどです(^-^)

私が仕事に行く頃には床でうずくまっていたり
口ばしでカゴにしがみ付いていて、止まり木に登ろうとしていました。
仕事帰りに鳥用のヒーターを買って帰ろうと思っていたのですが、
姉から「私の手の中で逝ったよ」という内容のメール、
母からの「ヒーターはいらなくなったよ」という電話があり、
涙が止まりませんでした。少しでも元気になる姿を想像していたのに…。

姉は私と時間的に入れ替えのように仕事へ出掛けます。
私が帰宅したら、姉がちゃんとさくらを箱に寝かせ、
ほかの仲間のインコがいるそばにその姿を置いてくれていました。
さくらが寂しくないようにね(^-^)

眠るさくらヒーターを買う代わりにさくらにお花をあげようと花屋に寄りました。
全身が黄色い羽のさくら。お目々が赤くて名前の『さくら』から
黄色とピンクのお花を選び、眠るさくらに今までの感謝をしてお花を手向けました。

ピコは眠ったさくらをキョトンとしながら鼻を近付けてクンクン嗅いでいました。
時に優しい眼差しで見つめていました。

泣いている私にピースは「なに泣いてるの?」と涙を舐めてくれたり
お腹を見せて「いい子いい子して~~」と甘えたり、階段でズッコケて見せたり…
私に笑って!と言わんばかりに笑わせようとしていました。

インコよりはるかに大きいピースとピコの身体が目の前を通ろうと
走り回っていようと、驚きもしない我が家のインコ。
私たちは小さな頃からインコを数え切れないほど看取ってきましたが、
やはり何度あっても慣れないものですね。

決して手乗りにならなかったさくら。
やっと今日、イイコイイコ出来たよ。
先に逝ってしまった虹の橋にいる我が家のインコたちと逢えたかな?
インコ育てのプロのkiyoのおじいちゃんがいるから
寂しいけど、kiyoは安心して見送ってあげれるよ。
さくら、虹の橋でも仲間がいっぱい居るから寂しくないよ。

さくら、ありがとうさくらハート

スポンサーサイト

| kiyo的 | 01:48 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お悔やみ申し上げます。

きっと幸せに天国に行けたんでしょうね。
出逢いがあれば別れもある。
一緒に暮らした日々が楽しかったほど悲しみも深くなる。

でもね、死んで行った家族の為に笑顔で送ってあげましょう。
さくらちゃんもkiyoさんの笑顔を見ないと安心して天国に行けません。
ピースもきっと同じ事を言っているんだよ♪

かんなもママさんの腕の中で息をひきとりました。
最期まで孝行娘だったのを思い出します。
私もそんな最期を迎えたいし、家族にも迎えて欲しい。
そんな思いをさせてくれた日記でした。
ありがとう!!

| Hayate | 2007/11/01 23:07 | URL |

Hayateさんへ

さくらにお悔やみのお言葉ありがとうございます。

かんなちゃんもママさんの腕の中で幸せだったことでしょうね。
家族のあたたかい温もりでいっぱいだったと思います。
一緒に過ごした中で色んなことがあるけれど、
家族に触れながら天国へいける…
とても幸せな最期ですよね。

食欲が全くなかったさくらも最期は自力でお水を飲んでくれたり
とても苦しそうだったと聞きましたが
姉の手の中でとても幸せな最期だったと思います。
我が家に来てくれて、長い年月を我が家で過ごしてくれて
さくらには「ありがとう」という気持ちでいっぱいです!

Hayateさんの心優しいコメントを頂いて
さくらの見送りもこれでよかったんだと気持ちが和みました。
こちらこそ、ありがとうございましたm(^-^)m


| kiyo | 2007/11/05 13:49 | URL | ≫ EDIT

さくらちゃん、幸せな一生だったようですね^^
老衰で死んだと、そこまで大事にされたってことですね!
私も昔インコを飼ってましたよ。
10年以上生きたのだけど、別れは辛かったです・・・。
同じ家族として、ピースもピコも心の痛みはわかるのでしょう・・・・。
いつかはみんな旅立つ日が来ます。少しでも笑顔で見送れるよう頑張りましょ^^

| ゆう | 2007/11/07 11:51 | URL |

ゆうさんへ

お悔やみのお言葉ありがとうございます。

何故だろう…
逃げてしまった子や早くお星様になってしまった子がいますが
我が家のインコ達、老衰まで生きてくれた子が本当に多いです。
ゆうさんもインコちゃんと暮らしていたんですね。
短くても長くても別れは辛いですよね。
やはりさくらと本当に最後になるときは涙が止まりませんでしたが
今はとてもホッとしています。
きっとさくらが無事に虹の橋へたどり着いたのだと思います。
コメント、本当にありがとうございます!!



| kiyo | 2007/11/09 22:24 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happeace.blog22.fc2.com/tb.php/272-d03968cd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。